つぶ貝のつぶやき

気になった事、思いついた事を書いていきます

   

かんたん!!みんな大好き!スライムを作ってみました。夏休みの宿題にも。

   

IMG_0822

ブヨブヨして手触りが面白い、子供達が大好きなスライム。
とっても簡単に作れることを知り、これは夏休みの宿題にもいいぞ!ってことで作ってみました。

用意するもの

IMG_0809

洗濯のり液

・洗濯のり(PVA) 100ml

・水 100ml

・着色料 (食紅・絵の具など)

ホウ砂液

・ホウ砂 4g

・水 50ml

 

その他

・コップ or ボウル

・計量カップ

・スケール

・かき混ぜ棒(わり箸)

 

 

スライムの作り方

1.洗濯のり液を作ります。

水100mlに着色料を1.2滴入れて色をつけ、混ぜます。

(下の写真は赤と青を混ぜて紫を作っています。)

IMG_0815

そこに洗濯のり100mlを混ぜ合わせます。

IMG_0816

 

 

2.ホウ砂液を作ります。

水50mlにホウ砂4gを溶かします。

IMG_0810

この時少し溶け残るくらいがちょうど良いです。上澄みを使います。

IMG_0811

 

 

3.洗濯のり液とホウ砂液を混ぜ合わせます。

1で作った洗濯のり液に2で作ったホウ砂液を少しずつ入れて、すばやく混ぜ合わせます。

IMG_0819

混ぜるとこんな風に固まります。

IMG_0820

途中で混ぜにくくなりますので、手でグニュグニュと混ぜたほうが早いかもです。

混ぜ続けるとできあがり。

IMG_0821

↑たくさん混ぜて空気が入ってますがだんだん抜けていきます。

 

スライム作りのポイント

洗濯のり液は洗濯のりと水が1:1です。(目分量でOK)

洗濯のり液とホウ砂液 2:1 です。(目分量でOK)

上の作り方はしっかりと弾力のあるスライムです。

柔らかいのが良い場合は水を少し多めにするといいですよ。(1.2倍ほど)

手にベタベタひっつく場合は洗濯のりを少し多めに入れます。

スライムをたくさん作る場合、あらかじめペットボトルなどにホウ砂液を作っておくと作業がスムーズです。

 

できあがりが硬すぎるなぁと思ったら、水を少し足してグニュグニュとずっと混ぜていると柔らかいスライムができます。

↓水を多くすると、こんなトロトロのもできますよー。

 

IMG_0824

 

水が多すぎて柔らかすぎたらしばらく置いておくと水分が蒸発して少し硬くなります。

 

保存の方法

タッパーやビニール袋に入れて乾かないように保存しましょう。

タッパー

 

感想

甥や姪も一緒にスライム作りをしたら、とても喜びました。

いろんな色を作りましたが、最終は何も色を付けない透明が人気でしたよ。

服につくと取れにくいので、汚れても良い服で遊ぶことをオススメします。

夏休みの宿題に使おうと思っていたのですが、去年クラスメイトの男の子がやってたよ!と言われてしまいました。

夏休みの宿題どうしよう。

 

 - 子育て